文庫
文庫

文春文庫

森は海の恋人リアスの海辺から

畠山重篤

  • 定価:本体714円+税
  • 発売日:2002年05月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

はるかスペインとつながった「森は海の恋人」

リアスはスペイン語で「潮入り川」。「森は海の恋人」という想いを胸にスペインに向かった三陸の一漁民がガリシアで見つけたもの

担当編集者より
三陸のリアス式海岸で牡蠣養殖業を営む著者は、八九年から毎年、気仙沼湾に注ぐ大川上流の室根山で、漁民による広葉樹の植林活動「森は海の恋人」運動を進めてきました。あるとき「リアス」はスペイン語で「潮入り川」という意味だと知ります。同じリアス式海岸である、スペインのガリシア地方を旅している途中に、漁師たちの「森は海のおふくろ」と言う言葉を耳にし、気仙沼とガリシアの意外なつながりに気づきました。中学三年生の国語教科書でも取り上げられている一冊です。(TA)
商品情報
書名(カナ) モリハウミノコイビト リアスノウミベカラ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年05月10日
ISBN 978-4-16-765633-1
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く