文春文庫

贄門島 上

内田康夫

  • 定価:本体562円+税
  • 発売日:2006年08月03日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「生贄の島」は地上の楽園か悪夢の島か?

房総の海に浮かぶ美瀬島には「贄送り」の風習があるという。謎に挑む浅見光彦に忍び寄る危機と驚くべき真相! 傑作長篇ミステリ

担当編集者より
21年前、ボートの操舵ミスで房総の海に投げ出された浅見光彦の父は、美瀬島(みせしま)の漁船に助けられるが、生死の境をさまよう床の中で奇妙な声を聞いた。「こんなにつづけて何人も送ることはない」「そうだな、来年に回すか」。父は、その翌年亡くなった。父の死の謎を解くべく島を訪れた浅見の前で、知人の水死体が相次いで発見される……。
商品情報
書名(カナ) ニエモンジマ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年08月10日
ISBN 978-4-16-766604-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く