作品紹介

南紀の海で浅見光彦が知る、時を超えた悲劇

捕鯨の発祥地・太地を訪れた浅見光彦が、またまた事件に巻き込まれる。心中、銛が突き刺さった人形、女幽霊…それらを結ぶ真相とは?

担当編集者より
捕鯨問題の取材で南紀・太地を訪れた浅見光彦は「くじらの博物館」で、背に銛が突き刺さった漁師人形を目にする。それは、以前起きた殺人事件の被害者の姿そのものだった。調査を開始した浅見は、もうひとつの事件、旧家の娘と記者の心中事件との関連に注目するのだが……。事件現場に見え隠れする青い帽子の女の正体とは?
商品情報
書名(カナ) クジラノナクウミ
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年11月10日
ISBN 978-4-16-766609-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く