文春文庫

輪(RINKAI)廻

明野照葉

  • 定価:本体562円+税
  • 発売日:2003年11月07日
  • 第7回(2000年)松本清張賞
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

第七回松本清張賞受賞作。明野ホラーの原点!

新宿、大久保、新潟そして茨城を点と線で結ぶ怨念と復讐の物語。「彼女」は三代にわたる怨念を晴らすために生れた「化身」なのか……

担当編集者より
茨城の旧家に嫁いだ香苗は愛娘・真穂をもうけたが、なぜか義母がその孫娘に苛烈な仕打ちを加える。それに耐えかね、離婚した香苗は大久保に住む実母・時枝のもとに帰るが、やがて真穂の体には痣(あざ)や瘤(こぶ)が……。東京、茨城、新潟を点と線で結び、「累(かさね)」の恐怖を織り込んだ明野ホラーの原点ともいえる第7回松本清張賞受賞作。
商品情報
書名(カナ) リンカイ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年11月10日
ISBN 978-4-16-767501-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く