文庫
文庫

文春文庫

海鳴

明野照葉

  • 定価:本体648円+税
  • 発売日:2012年02月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

天賦の才を持った娘、破れた夢を娘にかける母

才能ある娘のため、棄てたはずの世界に再び足を踏み入れる女。人間の暗部を鋭く抉る著者が、華やかな芸能界を描いた衝撃の問題作

担当編集者より
『女神』『汝の名』など、心理描写の巧みさで、根強い人気の明野照葉さんが、芸能界を舞台に描く心の闇と光。15年前の出来事がきっかけで、歌手の夢を捨てたはずの良枝は、奇跡の歌声を持つ娘に、再び夢の続きを見ます。だが、娘のデビューと引き換えに、封印した過去を紐解いた代償が、やがて2人に迫る……。心に空虚を抱えた良枝が、どこへ行きつくのか。読み終えた後に、自らに問わずにいられない明野さんならではの長編小説です。(YI)
商品情報
書名(カナ) ウミナリ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2012年02月10日
ISBN 978-4-16-767504-2
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く