文庫
文庫

文春文庫

女優として、女として杉村春子

中丸美繪

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2005年10月07日

作品紹介

傑作評伝。米倉涼子主演でドラマ化!

「女の一生」誕生秘話、2人の夫との結婚生活、文学座分裂の舞台裏など、新しく発見された事実で甦る名女優の波乱に満ちた生涯

担当編集者より
実の父を知らないという出生の秘密、「女の一生」の誕生をめぐる劇作家森本薫の書簡、GHQの恋人が明かした終戦直後の恋、文学座分裂の裏側、三島由紀夫、福田恆存との確執、芸への執念……丹念な取材で初めて明らかになった名女優杉村春子の知られざる“女の一生”。戦後の演劇界を揺るがした事件の真相に迫る。解説・川本三郎
商品情報
書名(カナ) ジョユウトシテオンナトシテ スギムラハルコ
ページ数 560ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年10月10日
ISBN 978-4-16-767970-5
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く