文庫
文庫

文春文庫

爆心

青来有一

  • 定価:本体619円+税
  • 発売日:2010年09月03日
  • 第18回(2007年)伊藤整文学賞
  • 第43回(2007年)谷崎潤一郎賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

谷崎潤一郎賞、伊藤整文学賞の2冠を制した衝撃的作品集

殉教の火に、原爆の火に焼かれながら、人はなぜ罪を犯し続けるのか? 欲望と贖罪、エロスと死の背反にもがく人間の「業」を描く傑作

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
殉教の火、原爆の火に焼かれながら、人はなぜ罪を犯し続けるのか? 「聖水」で芥川賞を受賞した著者が、欲望と贖罪、死とエロスの二律背反の中で苦悩し歓喜する人々を描いた連作短編集。人間の内奥を圧倒的な物語性の中で展開し、谷崎潤一郎賞、伊藤整文学賞の2つの文学賞を同時受賞した衝撃的作品。解説・陣野俊史
商品情報
書名(カナ) バクシン
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年09月10日
ISBN 978-4-16-768502-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く