文庫
文庫

文春文庫

山田さんの鈴虫

庄野潤三

  • 定価:本体552円+税
  • 発売日:2007年10月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

日々のしあわせ、人生の真実がここにある

花や鳥、旬を彩る食べ物。変わらぬ季節の巡りの中で、夫婦の静かな暮らしは続く。日々の喜びと、確かな人生の真実を描く長篇小説

担当編集者より
今日も私は、庭の木に括りつけたかごの牛脂をつつきに来る四十雀を部屋の中から眺めている——バラの花は例年のように蕾をつけ、鈴虫は「お帰りなさい」と夫婦を迎え、子や孫たちの便りがほほ笑みを運び込む。季節のめぐりのなかで変わらずに続く、老夫婦ふたりの静かで喜びに満ちた日々を描いた傑作長篇小説。解説・酒井順子
商品情報
書名(カナ) ヤマダサンノスズムシ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年10月10日
ISBN 978-4-16-769402-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く