作品紹介

『信長の棺』に続く「本能寺3部作」第2弾登場!

信長の跡目争いで羽柴秀吉を突き動かしたある使命とは何だったのか。多くの謎に包まれた秀吉の生涯に迫る迫真の歴史ミステリー

担当編集者より
「例の本能寺に通じる抜け穴を、本能寺の古井戸から至近距離で封鎖するのだ」。光秀の謀反を察知した秀吉は、前野将右衛門に命じた。その光秀を天王山に破り、秀吉は後継者争いのトップに躍り出る。やがて信長の遺児や嫡流を葬り去ると、信長の姪、茶々に触手を伸ばす。独裁者となった秀吉の心に広がる、消えることのない闇とは。
商品情報
書名(カナ) ヒデヨシノカセ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年06月10日
ISBN 978-4-16-775404-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く