作品紹介

古今のイヤな名作短編を精選!読後感最悪。

クリスティーやハイスミスのイヤミスからロシア現代文学の鬼才による狂気の短編まで、後味の悪さにこだわって選び抜いた名作短編集。

担当編集者より
後味の悪い物語。それには不思議な魅力があります。怖い物見たさ。人の不幸は蜜の味。そんな言葉があるからには、「厭な物語」を楽しんでしまう性向は、私たちの心に組み込まれているのかもしれません。古今の短編小説から至上の「厭な結末」を誇る11作品を1冊にまとめたのが本書。あのアガサ・クリスティーが描く三角関係の果ての悲劇にはじまり、あのカフカの名作、現代ミステリの名匠による作品まで、本気で選び抜きました。心のデトックスになる(?)厭な物語たちを堪能ください。(SN)
商品情報
書名(カナ) イヤナモノガタリ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2013年02月10日
ISBN 978-4-16-781215-7
Cコード 0197

著者

アガサ・クリスティー

パトリシア・ハイスミス

モーリス・ルヴェル

ジョー・R・ランズデール

シャーリイ・ジャクスン

ウラジーミル・ソローキン

フランツ・カフカ

リチャード・フランシス・マシスン

この著者の本を探す

ローレンス・ブロック

フラナリー・オコナー

フレドリック・ブラウン

中村 妙子翻訳

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document