作品紹介

フジテレビのアナウンサーとして活躍していた菊間千乃さんが、弁護士になるまでを綴った独占手記です。

アナウンサーという仕事に迷い、ロースクールに通い始めた菊間さん。2007年12月には背水の陣を敷いて、フジテレビを退社。退路を絶って司法試験に挑戦することを決断します。ロースクール卒業後、5年以内に3度しかチャンスのないこの制度で1度目は不合格。同じように前職をなげうち人生を賭けた仲間たちとともに最難関の試験に挑みます。30代で人生を変える! 背中を押してもらえる本。

文庫版には、弁護士となってから現在までのことを記す「書き下ろし原稿」が追加。「アナウンサーと弁護士の共通点」「新人弁護士の一日」「忘れられない事件」…弁護士という職業の魅力を多角的かつ具体的に語ります。

解説は、フジテレビ・アナウンサーの笠井信輔氏。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) ワタシガベンゴシニナルマデ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2015年01月10日
ISBN 978-4-16-790283-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く