作品紹介

いまも読み継がれる芥川賞史上最高作と名高い小説

月山の麓にある注連寺に居候した「わたし」は、現世と隔離されたような村で冬を越す。此の世ならぬ幽明の世界を描いた芥川賞受賞作。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

目次
月 山
月山
天沼

鳥海山
初真桑

光陰
かての花
天上の眺め

解説 小島信夫
商品情報
書名(カナ) ガッサン チョウカイザン
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年07月10日
ISBN 978-4-16-790885-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く