作品紹介

信じるよ、僕は。弟が母を殺すわけがない。
家族について、どれだけ知っているだろう。

母が殺された――葬儀の席で逮捕されたのは、僕の弟だった。
エリートサラリーマンの父、良妻賢母の母、両親に溺愛され育てられた弟。「理想の家庭」の中で、一人除け者のような存在の主人公・葉山和弘は、真相を求めて父と衝突を繰り返す。家族とは何か、なぜ犯罪が起こったのか。渾身の「魂のミステリ」。文庫解説・瀧井朝世

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) エデンノハテノイエ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年08月10日
ISBN 978-4-16-790905-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く