最新刊

『古事記』からインスピレーションを得て生まれた新・異世界ファンタジー

  • 神と王 亡国の書
    (帯あり)

    神と王 亡国の書

    イラスト・岩佐ユウスケ

  • 神と王 亡国の書
    (帯なし)

    神と王 亡国の書

    デザイン・木村弥世

作品紹介

この世界に乱立する国々の中、古い歴史を持つ国・弓可留(ゆっかる)。父の後を継ぎ、歴史学者として日々研究に励んでいた慈空(じくう)はあの日、すべてを失った。

他国の「神と歴史」を奪って肥大する隣国・沈寧(じんねい)が、弓可留の宮殿に攻め入って王族を殺し、信仰のよりどころである国の宝珠『羅の文書』を奪い去ったのだった。

命からがら逃げ出した慈空の前に、謎の二人組が現れ、ある「石」の在り処を問う。その石こそは、慈空が親友だった王子から託されたもの――弓可留のもう一つの宝珠「弓の心臓」だった。

「神はなぜ、国を見殺しにした?」

片刃の剣を持つ風天(ふうてん)、不思議な生物を手首に飼いならす日樹(ひつき)、そして行商集団・不知魚人(いさなびと)出身の瑞雲(ずいうん)らと交わり、信じていた世界が根底から覆ってしまいそうな日々の中で慈空は、『羅の文書』の奪還を決意する。

踏みにじられた故郷のため、亡き親友のため、そして――

二つの宝珠には「世界のはじまり」が記されているという――

主な登場人物

※クリックして全身と詳細をご覧ください!

  • 慈空
    慈空
    じくう
    [22歳/165cm]

    弓可留国の歴史学者。両親はすでに亡く天涯孤独。弓可留の王太子・留久馬とは兄弟のように育った。国教の四神教を信仰している。

  • 風天
    風天
    ふうてん
    [22歳/185cm]

    大国・斯城国の「さる高貴な御方」の命で弓可留の宝珠「弓の心臓」「羅の文書」を探している。斯城国の国章が刻まれた鏡と片刃の剣を携える。

  • 瑞雲
    瑞雲
    ずいうん
    [24歳/190cm]

    行商集団「不知魚人」を仕切る頭領の一族。古今東西あらゆる武器に精通する、強靭な肉体とずば抜けた美貌の持ち主。傷を負った慈空の面倒を見る。

  • 日樹
    日樹
    ひつき
    [21歳/170cm]

    薬屋の店員。植物・種の深い知識を持ち、手首に「羽衣」という不思議な生き物を飼いならしている。風天とともに二つの宝珠を探す。

羽多留(わったる)
弓可留国28代王。
留久馬(るくま)
弓可留の王太子。
沈 源嶺(じん げんれい)
沈寧国3代王。
沈 薫蘭(じん くんらん)
19歳 沈寧国の王太女。
杜人(とじん)
世界に三か所あるという、御柱のある森・闇戸に住む人々。都市部に比べ「文明の劣った種族」とされている。
不知魚人(いさなびと)
世界中を渡り歩く行商集団。国籍を持たず、陸と海の群がある。甲羅を持つ巨大生物・不知魚を飼いならしている。

神と王の世界

地図
作画・木村弥世