作品紹介

暴力と哀しみ、おおらかなユーモア。在日文学に大型新人登場!

ソバン翁の右手首は、戦争で吹き飛ばされた。朝鮮人の元軍人が補償を求めて提訴したことを知り、過去が蘇る。芥川賞受賞作を収録

担当編集者より
暴力、哀しみ、そしてユーモア。在日文学に大型新人の登場です。表題作は大阪市東部の迷路のような集落に住む老人の物語。戦争で右手首を吹き飛ばされたソバンは、元日本軍人の朝鮮人が戦傷者の障害年金を求めて提訴したことを知らされ、封印してきた過去を思い出す。ボランティアで週一回訪れる佐伯さんへの好意、集落のボス永山への反感と諦め。その二人が顔を合わせたとき……。初の作品集、読みごたえ十分です。(TM)
商品情報
書名(カナ) カゲノスミカ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2000年03月01日
ISBN 978-4-16-319020-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く