単行本
単行本

贄門島(下)

内田康夫

  • 定価:本体1,600円+税
  • 発売日:2003年03月14日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

浅見光彦、生けにえの島で危機一髪!

房総の海に浮かぶ美瀬島には「贄送り」の風習がある? 謎に挑む浅見光彦に忍び寄る危機と驚くべき真相とは! 傑作長篇ミステリー

担当編集者より
二十一年前に父が聞いたという「死に神の声」の正体を探りに、南房総の小島を訪れた浅見光彦。豊饒の海に囲まれたのどかな島に、実は「生贄送り」の風習があると知ります。失踪、殺人、不審船——次第にこの地の暗部に触れていく浅見の身にも底知れぬ闇が迫り、やがて「生けにえの島」で、第二、第三の事件が……。悪夢の島か、地上の楽園か。歴史、伝奇、国際問題、そして人間の業。「週刊文春」誌上で百万読者を魅了した内田ミステリーの決定版、いよいよ上下巻一挙刊行です!(AS)
商品情報
書名(カナ) ニエモンジマ
ページ数 344ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2003年03月15日
ISBN 978-4-16-321480-1
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く