単行本
単行本

バイアウト

幸田真音

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:2007年05月14日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

敵対的M&A時代の到来を経済小説の旗手が描く

企業買収で動向が注目される投資ファンドとのディールに、音楽会社の名前があがる。それは自分を捨てた父が働く会社だった……

担当編集者より
金儲けを第一主義に、敵対的TOBなどで世間の注目を集める相馬ファンド。相馬との念願の取引にこぎつけた外資系証券会社の広田美潮だったが、買付を依頼された銘柄は、皮肉にも幼い頃自分を捨てた父の音楽会社だった。また相馬だけでなく他三社がTOBを仕掛けてくる異常事態発生。生き残りをかけた熾烈な戦いが始まった。金儲けは悪か、企業の価値とは何かに著者が鋭く迫ります。経済に詳しい人は裏読みを、詳しくない人は企業買収の緊迫感を楽しめる作品です。(SY)
商品情報
書名(カナ) バイアウト
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年05月15日
ISBN 978-4-16-325880-5
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く