作品紹介

戦前の浅草で幇間になったロシア人の数奇な人生!

ロシアで軽業師の息子として生まれ、日本に渡り戦前の浅草で幇間になったロシア人男性の鮮烈な恋。芸能史に材を取った傑作短篇集

担当編集者より
ロシアで軽業師の息子に生まれ、日本に渡って戦前の浅草で幇間になったロシア人男性の鮮烈な恋を描いた表題作や、日本で初の女性アナウンサーとなった女性の、男に翻弄される波乱の生涯(「愛宕山女坂」)、戦後の浅草で一世を風靡したギター藝者(「ひょうたん池」)、東海林太郎と甘粕大尉との知られざる交流(「あぢさゐ小路」)など、芸能界や花柳界で活躍した実在の人々に材を取った短篇集。テレビ界で活躍した著者ならではの知られざる秘話が満載。人情の機微と、人の世の縁の不思議が心に沁みる1冊です。(AK)
商品情報
書名(カナ) サクラガワイワンノコイ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年06月30日
ISBN 978-4-16-328220-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く