単行本
単行本

もっとウソを!男と女と科学の悦楽

日高敏隆 竹内久美子

  • 定価:本体1,262円+税
  • 発売日:1997年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

精子をめぐる男と女の闘い、若い女がダイエットに走る理由、ファッションの意味、奇人科学者の面白エピソードなど、爆笑科学対談

担当編集者より
『そんなバカな!』『パラサイト日本人論』など、生物学の最先端研究をわかりやすく紹介しながら、あっと驚く人間解剖をやってのける竹内さんですが、今回は京大時代の師・日高先生との対談集です。若い女はなぜダイエットに走るのか、オルガスムスと妊娠の関係、精子と卵の隠れた闘いなど、面白さ抜群。この本の話題を飲み屋で話したら、あなたは主役間違いなしです。(I)
商品情報
書名(カナ) モットウソヲ オトコトオンナトカガクノエツラク
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年01月30日
ISBN 978-4-16-352530-3
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く