単行本
単行本

心残りは…

池部良

  • 定価:本体1,571円+税
  • 発売日:2001年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

大スターがつづる日本映画の黄金時代

「青い山脈」「雪国」から「昭和残侠伝」まで、映画界に一時代を築いた著者が軽妙な筆致で描く、女優、男優、監督たち、そして一生

担当編集者より
木下恵介、小津安二郎、岡本喜八などの監督、三船敏郎、高倉健などの男優、高峰秀子、原節子、木暮実千代、山口淑子、岸恵子などの女優……。名前を聞くだけでわくわくするような人物と共演し、日本映画の黄金時代を支えてきた著者が、自らの人生をふり返りました。一九一八(大正七)年生まれの彼の人生は、そのまま日本映画の歴史です。とくに著者の“大スター”ぶりを感じさせるのが、ゲーリー・クーパーとのしゃくな邂逅のシーンです。詳しくは本書をどうぞ。(HK)
商品情報
書名(カナ) ココロノコリハ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年01月30日
ISBN 978-4-16-357010-5
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く