単行本
単行本

観念的生活

中島義道

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:2007年11月29日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

言葉を学ぶとは、観念を学ぶことなのだ——

頭を明晰に保つには、つねに考え続けることである。ドストエフスキーを笑い飛ばし、ニーチェの矛盾を看破する哲学的思索のすすめ

担当編集者より
頭を明敏に保つには、頭を使い続けること、考え続けることである。ドストエフスキーの“頭の悪さ”を笑い飛ばし、サルトルも陥った他者問題の落とし穴からニーチェのニヒリズムの根本的虚偽まで、緻密な哲学的思考で一刀両断。歩いている時も、食べている時も、常に考え続ける孤高の哲学者が、死、快・不快の観念、時間、存在論、悪、懐疑について、日々の生活のなかで思索をめぐらす。冴えわたる鋭利な思考が私たちの生の本質を浮き彫りにする。還暦をすぎた著者が達した、救いも癒しもない新境地。(YH)
商品情報
書名(カナ) カンネンテキセイカツ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年11月30日
ISBN 978-4-16-369730-7
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く