単行本
単行本

アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」ジミーの誕生日

猪瀬直樹

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:2009年11月26日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

その日が来るたび、彼は7人の死を思い出す

A級戦犯7名の処刑は、なぜ12月23日午前零時に始まったのか? 謎を解く手がかりは、ある子爵夫人の日記の中にあった

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
昭和23年12月23日午前零時1分、東條英機は絞首台に立った。続いて他のA級戦犯6名が次々に絞首台に立ち、わずか30分足らずで慌ただしく処刑が完了した。奇しくもこの日は皇太子(今上天皇)の誕生日。なぜ、この日に処刑が遂行されなければならなかったのか……? 猪瀬氏は、GHQ民政局次長ケーディスが、「ジミーのことが心配だ」と愛人の子爵夫人に漏らしていたことを手掛かりに、処刑日選定の謎に迫ってゆく。GHQの占領政策を、断片的な事実のピースをつなぎ合わせて読み解いてみせる猪瀬氏の手腕が光ります。(KN)
商品情報
書名(カナ) アメリカガテンノウアキヒトニキザンダシノアンゴウ ジミーノタンジョウビ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年11月25日
ISBN 978-4-16-372130-9
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く