文庫
文庫

文春文庫

人口減少社会の成長戦略二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか?

猪瀬直樹

  • 定価:本体495円+税
  • 発売日:2007年08月03日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

今こそ二宮金次郎の財政改革の手法に学べ!

低成長下でも豊かになる方法とは? 少子化、高齢化で危機に立つ日本の経済・社会システムをいかに建て直すべきか、大胆に提言する

担当編集者より
二宮金次郎は誤解されている。勤勉、倹約の人ではなく、低成長・人口減に苦しむ江戸の経済を改革する新たな金融モデルを作り上げた卓越したコンサルタントであった。薪は優れた換金商品であり、「分度」という概念は、余剰資金をファンドとして運用し、活用するものであった。今こそその手法を活用せよ! 解説・船曳建夫
商品情報
書名(カナ) ジンコウゲンショウシャカイノセイチョウセンリャク ニノミヤキンジロウハナゼタキギヲセオッテイルノカ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年08月10日
ISBN 978-4-16-743114-3
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く