文庫
文庫

文春文庫

アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」東條英機 処刑の日

猪瀬直樹

  • 定価:本体600円+税
  • 発売日:2011年12月06日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「子爵夫人の日記」が照射する現代史の謎

昭和23年12月23日、7人のA級戦犯の死刑執行。その日はまさに「ジミー」、皇太子明仁の15回目の誕生日だった——

担当編集者より
〈ジミーの誕生日の件、心配です〉焼け跡の記憶もまだ醒めやらぬ昭和23年12月初頭、美貌と奔放さで社交界に知られた子爵夫人の日記は、この謎めいた記述を最後に途絶えた。彼女はいったい何を心配していたのか。占領期の日本にアメリカが刻印した日付という暗号。過去と現在を往還しながら、昭和史の謎を追う。解説・梯久美子
商品情報
書名(カナ) アメリカガテンノウアキヒトニキザンダシノアンゴウ トウジョウヒデキショケイノヒ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年12月10日
ISBN 978-4-16-743117-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く