作品紹介

連合国・枢軸国双方の10代が残した日記を読む

ヒトラーユーゲントの少女、ソ連コムソモールの少年、ゲットーに息絶えたユダヤ人少年、そして日本の特攻隊青年らが見た「あの戦争」

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
戦後65周年の夏にふさわしい作品が英国からやってきました。英BBCの歴史番組のスタッフだった著者が、第二次大戦中に青春時代を過ごした少年少女たちの日記や手紙を世界各国から収集し、『多国籍版アンネの日記』調に仕上げています。ドイツ軍に包囲されたレニングラードで餓死した少年が、最後に「食べたい!」と殴り書きした日記、書籍の余白にナチスへの反感を書きつけて死んでいったユダヤ人少年、そして日本の特攻隊員たちの手記……。夏休みの課題図書としてもお勧めできる1冊です。(KN)
商品情報
書名(カナ) ワタシタチガコドモダッタコロセカイハセンソウダッタ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年08月10日
ISBN 978-4-16-372940-4
Cコード 0098

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く