単行本
単行本

植村直己・夢の軌跡

湯川 豊

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2014年01月28日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

南極大陸単独横断の夢半ばにして、マッキンリーの氷雪に植村直己が消えて30年―。

日本人初のエベレスト登頂、犬橇による北極圏1万2千キロ走破、北極点単独行とグリーンランド縦断。数々の偉業を達成してきた植村直己とは、どのような人間だったのだろう。

目次(抜粋)
「単独行」
「冒険家の食欲」
「先住民に学ぶ」
「現地から届いた手紙」
「エスキモー犬」
「公子さんのこと」
「南極の夢」

目次からわかるように、本書は時系列に植村の生涯を追うのではなく、彼を語るうえで欠かせないキーワードで人生を多面的に切り取り、稀代の冒険家の光と影の部分を鮮やかに浮かび上がらせている。
16年間、植村の活動を支え、夢を共に追い続けてきた著者にしか書けない、知られざるエピソードが満載。ウェブナショジオの人気連載を、単行本化にあたり大幅に改稿しました。
植村に憧れた人も、植村を知らない世代も、間違いなく楽しめる「植村」伝・決定版です。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「植村直己・夢の軌跡」
湯川豊
日本人初のエベレスト登頂、犬橇による北極圏1万2千キロ走破、北極点単独行とグリーンランド縦断。数々の偉業を達成した植村直己さんがマッキンリーで消息をたって丸30年。本書は、植村さんの活動を支え、夢を共に追い続けてきた湯川豊氏による伝記です。
単独行にこだわった理由、先住民に学び環境に適応させる知恵、故郷や公子夫人のこと。稀代の冒険家の素顔に迫ります。(KK)
商品情報
書名(カナ) ウエムラナオミ ユメノキセキ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年01月25日
ISBN 978-4-16-390009-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く