作品紹介

りくは中学生。おしゃれなパパと、カンペキなママ、
「オーラがある」と友だちが憧れる、ちょっと特別な存在。
美しい彼女は、蛇口をひねるように、
嘘の涙をこぼすことができた。悲しみの意味もわからずに――
『きょうの猫村さん』で老若男女の心を鷲掴みにした
ほしよりこの、傑作長編コミック! (上巻)

関西の親戚の家に預けられたりくを襲う
“あたたかな”試練の数々とは?
「い~っやっ! ちょっと! めっちゃくちゃベッピンやないの~っ!」
「あんためっちゃ目立ってるし!」
関西弁ワールドに翻弄され、「私は絶対になじまない」と心に誓うりく。
どうなるりく? そしてママとパパは……?
笑って笑って最後に涙する感動作誕生! (下巻)

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
逢沢りくは14歳の中学生。おしゃれなパパとカンペキなママ、「オーラがある」と友だちが憧れる、ちょっと特別な存在。美しい彼女は、蛇口をひねるように嘘の涙をこぼすことができた。悲しみの意味も知らずに――。
『きょうの猫村さん』で老若男女の心を鷲掴みにしたほしよりこさんの、長編コミックが登場します。連載中から作家や歌人、漫画家など、多くのクリエーターに愛読された傑作です。やわらかなタッチ、巧みなユーモア。笑いながらページをめくるうちに引き込まれ、読み終わると感動の涙につつまれます。(TM)
商品情報
書名(カナ) アイサワリク ジョウ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 A5判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2014年10月25日
ISBN 978-4-16-390146-6
Cコード 0079

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く