作品紹介

80周年記念出版 みずからの功を秘し、ついには隠者となった男

放浪の公子重耳の臣下として潔癖をつらぬいた無垢そのものともいうべき男。重耳が君主の座につくや、身を隠し影と化して消えた

担当編集者より
小ぶりながら、先月配本された量感あふれる名作「重耳(ちょうじ)」と一幅対なす姉妹篇。その作品世界は透明な哀感とでもいうべき純一な情趣にみちています。独りひっそりつきあうべき作品かもしれません。礼をつらぬき苛烈に生きる公子重耳に一個の聖人を見、私心をすてて身を奉じ、その功さえ秘した棒術の名手介子推。流浪のすえ重耳が地に足をおき政治という現実にふみだすや、幻滅にさいなまれ山中に身を隠す。いたましいほど無垢な魂の物語です。(MK)
商品情報
書名(カナ) カイシスイ ミヤギタニマサミツゼンシュウ
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製布装貼函入
初版奥付日 2003年09月10日
ISBN 978-4-16-641170-2
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く