作品紹介

80周年記念出版 中国古代の人間と天地が凝縮された作品!

周と召は望の機略によりあいむすび叛意をととのえる。商王紂を討つ——。宿望の日がきた。革命家、太公望の人間像を鮮烈に描き尽す

担当編集者より
太公望といえば釣師の代名詞として名が定着してしまった観がありますが、作者によるとそれは「列仙伝」をはじめとする伝説で実像をぬりかためた故であるらしい。それによると紂(ちゅう)王の暴政から逃れた太公望は隠棲し釣りにあけくれた。やがて大魚を釣りあげその腹中から兵法書を得て国王にさまざまの機略を授ける……。しかしこの人物は神仙の人とはほど遠く合理を尊ぶ精神の主で、実在しない天上の神に人間を贄(にえ)にする時代こそ狂気とみなします。真の意味での革命者といえましょう。(MK)
商品情報
書名(カナ) タイコウボウ ミヤギタニマサミツゼンシュウ
ページ数 640ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製布装貼函入
初版奥付日 2003年11月10日
ISBN 978-4-16-641230-3
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く