作品紹介

作家・石原愼太郎はここからはじまった

処女作「灰色の教室」、芥川賞受賞作「太陽の季節」はじめ、純粋行為の可能性を追究する初期短篇から十五篇を精選。 解説・中森明夫

担当編集者より
九巻は短篇集です。一橋大学在学中に同人誌に掲載された処女作「灰色の教室」、芥川賞受賞作「太陽の季節」、少年と海のロマン「ヨットと少年」、瑞々しい叙情あふれる「乾いた花」、問題作「完全な遊戯」など、純粋行為の可能性を追究する初期短篇十五篇を収録しました。時を経ても古びぬ魅力がある傑作ばかりですので、ぜひ本巻からお手にとってみてください。なお、本巻の解説は、中森明夫さんが担当されることになりました。(TM)
商品情報
書名(カナ) タイヨウノキセツカンゼンナユウギ イシハラシンタロウノブンガク タンペンイチ
ページ数 608ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製函入
初版奥付日 2007年09月25日
ISBN 978-4-16-641660-8
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く