新書
新書

文春新書

新版 娘につたえる私の味六月~十二月

辰巳浜子 辰巳芳子

  • 定価:本体1,000円+税
  • 発売日:2015年11月20日
  • ジャンル:趣味・実用
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

かつて昭和の家庭には必ずこの本があった

母が綴った料理書の名著復刻。辰巳浜子の本文はそのままに辰巳芳子が監修した新装版。

六月の糠味噌漬、梅仕事から八月、庭でのバーベキュー、九月は精進料理、十月、ぼた餅とお萩、十二月の鍋ものまでを収めた新書判後篇。

母娘二代にわたる料理研究家、辰巳浜子・芳子によって甦る、懐かしい家庭料理の数々。いつまでも残したい日本の味、母の味。

担当編集者より
十月に刊行した一月~五月の前篇に続く、初夏から年末までの家庭料理を収めた後篇です。
代々受け継がれてきた百年を超える糠味噌の話に始まり、梅干、梅酒、煮梅の梅仕事、フランス留学の長かったおじいさまから伝わるバーベキューの極意、小豆を炊く手作りの和菓子、どこか洗練された鍋ものまで、辰巳家のクロニクルと共に語られる美味しいレシピの数々。今は望むべくもない松茸のすき焼きなど、ため息の出そうな幻のレシピもあります。
目次
六月 糠味噌漬 梅 梅干 鰹 新じゃがいも 新玉ねぎ

七月 朝茶 豆腐

八月 戸外での食事 トマト ぶどう かんぴょう

九月 精進料理 松茸 季節の野菜で

十月 秋の献立 鶏肉 茶の間のお菓子

十一月 口切りの茶事 汁もの いか

十二月 鍋もの 塩鮭

おすすめの調味料など

母・辰巳浜子の生涯
商品情報
書名(カナ) シンパン ムスメニツタエルワタクシノアジ ロクガツジュウニガツ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2015年11月20日
ISBN 978-4-16-661049-5
Cコード 2277

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く