作品紹介

2011年大河ドラマの主人公・おごうの生涯を描く

信長の妹・お市と浅井長政の末娘・おごう。のちに2代将軍・徳川秀忠の正室となった彼女の運命をあざやかに映し出す傑作長篇小説

担当編集者より
織田信長の妹・お市と近江の雄・浅井長政の間には3姉妹がいた。長女・お茶々は、秀吉の側室として権力をふるった後の淀君。次女・お初は京極高次の妻となり、大坂の陣で微妙な役割を演じる。そして、最も地味でぼんやりしていた三女・おごう。彼女には、実に波乱に満ちた運命が待っていた——。おごうの生涯を描く長篇歴史小説。
商品情報
書名(カナ) ランモン
ページ数 480ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年08月10日
ISBN 978-4-16-720046-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く