作品紹介

2011年大河ドラマの主人公・おごうの生涯を描く

信長の妹・お市と浅井長政の末娘・おごう。のちに2代将軍・徳川秀忠の正室となった彼女の運命をあざやかに映し出す傑作長篇小説

担当編集者より
天がめぐろうとしている。権力をほしいままにした秀吉の立場に影がさしはじめた。そんな折、おごうは3度目の花嫁となった。嫁ぎ先は、徳川家康の嫡子、2代将軍となる秀忠——。秀吉の死、関ケ原の戦いと歴史の大きな転換期に到達した時、お茶々とおごうは、姉妹で日本を真っ二つに分けて対決する両陣営の頂点にいた。
商品情報
書名(カナ) ランモン
ページ数 464ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年08月10日
ISBN 978-4-16-720047-3
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く