文庫
文庫

天保世なおし廻状

高橋義夫

  • 定価:本体924円+税
  • 発売日:2005年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

大塩平八郎の廻状の行方を追え!

曾根崎新地の顔役甚助の弟分・仙吉は平八郎の書状を江戸へ運ぶ途中、何者かに襲われ、書状は闇に消えた。「大塩平八郎の乱」外伝

担当編集者より
大坂の曽根崎新地の顔役甚助の弟分・仙吉は、大塩平八郎の書状を江戸へ運ぶ途中、東海道・日坂峠で何者かに襲われ、書状を紛失してしまう。伝手を頼って江戸に出た仙吉は、老中・水野忠邦や町奉行・矢部定謙らの幕閣を舞台とした闘争に巻き込まれていく。書状の行方は? そして仙吉の運命は如何! 「大塩平八郎の乱」外伝。
商品情報
書名(カナ) テンポウヨナオシカイジョウ
ページ数 560ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年05月10日
ISBN 978-4-16-757207-5
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く