文庫
文庫

安政大変

出久根達郎

  • 定価:本体629円+税
  • 発売日:2006年08月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

幕末の江戸を揺さぶる「安政大地震」

ナマズで一儲けをたくらむ小悪党、酒におぼれる藤田東湖、想い出の品を隠した吉原遊女。大地震をめぐる庶民の悲喜劇を描く傑作短篇集

担当編集者より
安政二年十月二日に江戸を襲った大地震に翻弄される人々を描く連作短編。地震予知の赤鯰で一儲けを企む小悪党、銀の百足で不老長寿の薬を作る薬売り、井戸掘りと夜鷹のはかない恋、子宝の湯に通う夫婦などが登場し、摩訶不思議な物語が展開する。幕末の不穏な世情に、死ぬ者・生きる者等しく哀感をそそる。解説・山本博文
商品情報
書名(カナ) アンセイタイヘン
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年08月10日
ISBN 978-4-16-757509-0
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く