文庫
文庫

文春文庫

宗教と道徳

梅原 猛

  • 定価:本体552円+税
  • 発売日:2006年06月09日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

これからの日本人に必要な道徳とは?

対米テロ、相次ぐ政変、内親王誕生…。混迷する21世紀を生き抜くために何が必要か? 鮮烈・明快、ますます筆が冴える随想集

担当編集者より
同時多発テロと報復爆撃——おぞましい戦いから始まった21世紀。人類滅亡への門が開かれたのか? 巨大なマイナスに襲われた今こそ粘り強くマイナスをプラスに変えていく見識・展望が求められるのだ。混迷の時代を生き抜くために何を信じ、どう考えるべきか? 鮮烈・明快、時代と人の心に確かな道筋を指し示す、梅原流随想集の決定版。
商品情報
書名(カナ) シュウキョウトドウトク
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年06月10日
ISBN 978-4-16-758304-0
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く