単行本
単行本

神と怨霊

梅原 猛

  • 定価:本体1,762円+税
  • 発売日:2008年03月14日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

いよいよ過激に展開する梅原日本学、絶好調

80歳を過ぎ、3度目のがん宣告を受け、なお意気軒昂! 舌鋒鋭く、混迷・退廃をきわめる現代日本の精神状況を激しく喝破する随想集

担当編集者より
80歳を過ぎ、3度目のがん宣告を受け、いよいよ意気軒昂! さらに舌鋒鋭く、ますます過激に、梅原日本学が展開されます。たとえば混迷と退廃をきわめる現代日本の精神状況を叱るに、廃仏毀釈をその頂点とする「神殺し」の歴史をえぐり、また柿本人磨、菅原道真から世阿弥に連なる「怨霊となった日本人」——権力に屈しない創造者の系譜を熱く語る。日本人の心性、その成り立ちに深く分け入り、読む者の襟を正さしむる力作ぞろい。迷い、惑う現代人に真の誇りと美を提示する51篇がそろった、シリーズ最新・最強版です。(OM)
商品情報
書名(カナ) カミトオンリョウ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年03月15日
ISBN 978-4-16-370030-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く