作品紹介

日本の伝統思想は、深まりゆく人類の危機を救えるか?

能の「翁」に隠された黒い怨念、人間中心主義を覆す新しい思想の創造……齢八十を超えた哲学者の貪欲なまでの知的探求と思索の日記

担当編集者より
「私は孔子よりすでに十歳も長生きし、八十歳で死んだ釈迦の歳をも上回ってしまった」……。齢八十を過ぎてなお、老哲学者は世阿弥に取り憑かれ、親鸞研究の通説に疑問を呈し、「『草木国土悉皆(しっかい)成仏』の思想によって、21世紀の人類を救う哲学を創造することができるかもしれない」と、深まりゆく人類の危機に懐疑と勇気をもって立ち向かう。ますます鋭さを増す「梅原日本学」の千本ノックともいうべき、思想的日記。(UN)
商品情報
書名(カナ) シンラントゼアミ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年01月10日
ISBN 978-4-16-373360-9
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く