作品紹介

大切な人々とのかけがえのない思い出

小津先生と行った御茶の水、クロサワが手の甲に置いた「蚊」、美智子妃からの一筆など、極上の思い出を端正な語り口で綴った一冊

担当編集者より
「でこ、今日はちょいと出かけようか」と小津先生と行った「お茶の水」、「あんたの家のまわりに、なんか食べるもんは落ちとらんかね」と佐藤栄作夫人の寛子さんからの電話、そして美智子妃より思いがけぬ一筆など、大切な人々とのとっておきの記憶を端正で歯切れのよい語り口で綴る、安野光雅画伯の挿画も心ゆたかなエッセイ集。
商品情報
書名(カナ) ニンゲンジュウショロク
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年07月10日
ISBN 978-4-16-758710-9
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く