単行本
単行本

高峰秀子かく語りき

高峰秀子 斎藤明美編・解説

  • 定価:本体2,950円+税
  • 発売日:2015年06月22日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

昭和の大女優、高峰秀子。
長谷川一夫、鶴田浩二、田中絹代、谷崎潤一郎、志賀直哉、河野一郎、梅原龍三郎・・。
名優、文豪、政治家ーー昭和史にその名を刻む各界の偉人たちと、高峰は20代から、
引退後の晩年まで対話の場にのぞんでいる。その対談を、養女・斎藤明美の編集、解説とともに、没後5年を経て、編纂集成した一冊。映画女優として、時代を見つめてきた高峰の眼力、知性には、対談相手だけでなく、今を生きるわれわれにも新鮮に響く。昭和、そこに生きた名士たちの肉声の貴重な記録ともいえるだろう。

商品情報
書名(カナ) タカミネヒデコカクカタリキ
ページ数 576ページ
判型・造本・装丁 A5判変型 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2015年06月25日
ISBN 978-4-16-390267-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く