作品紹介

高峰秀子の傑作人物論

松下幸之助、有吉佐和子、東山魁夷、木村伊兵衛、沢田美喜、藤山寛美、梅原龍三郎——二十余の昭和を代表する人々との対談を軸にした傑作エッセイ集

担当編集者より
本書は1970~72年まで、高峰秀子さんが雑誌に連載した対談記事を中心にまとめた人物エッセイです。登場するのは、松下幸之助、東山魁夷、木村伊兵衛、杉村春子、沢田美喜、有吉佐和子といった、錚々たる人物二十余名。「絵にサインなんか要らないんだ。(略)いい絵はいいし、悪いのは悪い」と語った梅原龍三郎の弁をはじめ真理をつく名言、人間愛あふれる温かき言葉が、鏤められた名著。待望の復刊です。(TM)
商品情報
書名(カナ) イッピキノムシ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年10月10日
ISBN 978-4-16-758711-6
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く