単行本
単行本

精選女性随筆集 第八巻 石井桃子 高峰秀子

川上弘美選

  • 定価:本体1,800円+税
  • 発売日:2012年08月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

近現代の女性作家(物故者に限る)の手になる名随筆のアンソロジー、いよいよ後半分の刊行開始(第四回配本)。石井桃子は自伝「幼ものがたり」から祖父母、兄や姉、季節の遊びの思い出などを綴った部分を採録。また太宰治から好感を持たれた話、井伏鱒二に「ドリトル先生」の翻訳を依頼した話など、意外なエピソードもいくつか収録。文藝春秋、新潮社、岩波書店の編集者であり、「クマのプーさん」「ちいさいおうち」などの翻訳者でもある石井の文章をたどることは、日本出版史の一面を知ることでもある。高峰秀子も自伝「わたしの渡世日記」からの抜粋を中心に構成する。「蝶よ花よ」と持て囃されている子役のイメージとは全く異なり、持ち前の怜悧さで自分をも他人をも突き放したまなざしで見ている職業人(プロ)・高峰秀子。ほかに、梅原龍三郎の思い出、毛皮のコートを縫ってくれたお針子さんへの想いをめぐらせた文章なども採録。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
20世紀のひとつの出版史ともいえる石井桃子さんの仕事の軌跡と、日本映画の興隆期から黄金期にかけての代表作にことごとく主演した高峰秀子さんの映画人としての半生。お2人の「随筆」からたちあがってくるのは、女性の職業人が持つ厳正な姿勢と冷静な眼です。石井さんの項には自伝的随想集『幼ものがたり』から、高峰さんの項には自伝エッセイ『わたしの渡世日記』からを中心とし、出会いと別れを記した文章等を採録しました。(KH)
商品情報
書名(カナ) セイセンジョセイズイヒツシュウ ダイハチカン イシイモモコ タカミネヒデコ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 上製
初版奥付日 2012年08月05日
ISBN 978-4-16-640290-8
Cコード 0395

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く