文庫
文庫

エーテル・デイ麻酔法発明の日

ジュリー・M・フェンスター 安原和見・訳

  • 定価:本体686円+税
  • 発売日:2002年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

医学史上最大の発見を追うノンフィクション

一八四六年十月十六日、麻酔薬を使用した初の外科手術が執行――この画期的発明にまつわる秘話、様々な悲劇と奇跡が明かされる!

担当編集者より
1846年10月16日、吸入麻酔法を用いた外科手術が、世界で初めて公共の場で実施された。この「エーテル・デイ」を機に外科学は飛躍的発展をとげ、多くの人々が手術の恐怖から救われる。では“発明者”を名乗る3人は、なぜその後悲劇的な運命をたどることになったのか?知られざる歴史の一面を鮮やかに描いた傑作人間ドラマ
商品情報
書名(カナ) エーテルデイ マスイホウハツメイノヒ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年06月10日
ISBN 978-4-16-765124-4
Cコード C0198

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く