文庫
文庫

文春文庫

聖なる罪びと

テス・ジェリッツェン 安原和見 訳

  • 定価:本体900円+税
  • 発売日:2007年09月04日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

女性刑事リゾーリが活躍するロマンティック・サスペンス

惨殺された修道女と、顔の皮を剥がされた四肢切断死体の関係は? 二転三転する捜査の先には予想をはるかに超える巨悪がひそんでいた

担当編集者より
ボストンの古い修道院で若い修道女が殺され、年老いた修道女も重症を負う。同じころ、別の場所で、手足を切られ顔の皮を剥がされた女性の射殺体が見つかる。最初は無関係に見えた二つの事件だったが、女性検死官アイルズと女性刑事リゾーリは、意外な共通点を探し出す。それは予想をはるかに超えた巨悪に結びついていた……。
商品情報
書名(カナ) セイナルツミビト
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年09月10日
ISBN 978-4-16-770554-1
Cコード 0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く