作品紹介

彼は一体、何者だったのだろう?

惨殺死体で発見された空木は交友関係が皆無の〈顔のない男〉だった。彼が残したノートを調べる二人の刑事は新たな事件に遭遇する

担当編集者より
多摩川沿いの公園で、全身を骨折した惨殺死体が発見された。空木精作——彼は周辺の住民との接点も交友関係もない男だった。原口と又吉、二人の刑事は空木の自宅で、一冊の大学ノートを発見する。ノートを調べるうちに二人は次々に新たな事件に遭遇する。空木とは一体何者だったのか? 本格長篇ミステリー。解説・二階堂黎人
商品情報
書名(カナ) カオノナイオトコ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年10月10日
ISBN 978-4-16-765681-2
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く