文庫
文庫

文春文庫

絢爛たる流離

松本清張

  • 定価:本体648円+税
  • 発売日:2009年06月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

3カラットのダイヤの指輪が引き起こす不思議な12の事件

戦前から戦後にかけて、豪華な指輪が次々と持ち主を変えながら数奇な運命をたどる。欲望と愛憎の人間ドラマを描く、連作推理小説

担当編集者より
昭和初期、九州の炭鉱主が愛娘に買い与えたダイヤの指輪。3カラットのダイヤは、高度成長に沸く東京で、工事現場に働く少年のポケットを経て息をのむ結末を迎えるまで、次々と持ち主を変えて数奇な運命をたどる。戦前から戦後への昭和史を背景に、ダイヤの流離の裏にひそむ人間の不幸を描く12の連作推理小説。解説・佐野洋
商品情報
書名(カナ) ケンランタルリュウリ
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年06月10日
ISBN 978-4-16-769717-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く