文庫
文庫

もののたはむれ

松浦寿輝

  • 定価:本体533円+税
  • 発売日:2005年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

うっとりするほど美しくて恐い14のお話

何げない日常から迷い込んでしまった夢とも現ともつかぬ世界――「新しい幻想文学の誕生」と絶賛された芥川賞作家彫心鏤骨の連作

担当編集者より
なにげない日常の延長線上に広がる、この世ならざる世界。そこへ迷い込んでしまった人々の途惑いと陶酔の物語は、夢とも現ともつかぬまに展開していく。詩人、評論家、大学教授としても各分野で多彩な活躍を続ける芥川賞作家の処女小説にして、「新しい幻想文学の誕生」と絶賛を浴びた彫心鏤骨の連作集。解説・三浦雅士
商品情報
書名(カナ) モノノタワムレ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年06月10日
ISBN 978-4-16-770301-1
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く