文庫
文庫

文春文庫

蒼火

北 重人

  • 定価:本体695円+税
  • 発売日:2008年11月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

大藪春彦賞受賞! 第1級の時代ミステリ

江戸で相次ぐ謎の商人殺し。まるでそうせずにはおれないように人を殺め続ける下手人は果して誰なのか。若き周乃介が事件を追う

担当編集者より
わしは、そのとき、蒼い炎を初めて見た。人を殺した者は蒼火を背負うというぞ——。江戸で相次ぐ商人殺し。彼らは皆、死の直前に間もなく大きな商いが出来そうだと周囲に話していた。まるで何かに憑かれたように凄まじい一太刀で人を殺(あや)め続ける男の正体を周乃介が追う。江戸の闇が艶(なまめ)かしく迫る大藪春彦賞受賞作。解説・縄田一男
商品情報
書名(カナ) アオビ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年11月10日
ISBN 978-4-16-774402-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く