作品紹介

「父が精魂を傾けながら絶筆となってしまったこの作品を、必ずや私の手で完成し父の無念を晴らすつもりだ」――その公約を果たすためには、30余年の歳月が必要であった。本書は、「孤愁(サウダーデ)」を毎日新聞連載中に新田次郎氏が急逝、未完に終わった作品を息子である藤原正彦が書き継いで完成させた。ポルトガル人ヴェンセスラオ・デ・モラエスの評伝である。
「孤愁(サウダーデ)」とは、「愛するものの不在により引き起こされる、胸のうずくような思いや懐かしさ」のこと。軍人で、外交官で、商人で、詩人でもあったモラエスは、在日ポルトガル領事もつとめた。日本人のおよねと結婚、およね亡き後は妻の故郷である徳島に住み、その生涯を終えた。あまり知られていないが、モラエスの遺した詳細な日記や日本を題材にした作品が、日本の素晴らしさ、日本人の美徳を世界に知らしめ、「もう一人の小泉八雲」といわれている。
精緻で美しくも厳しい自然描写の新田次郎ファン、日本人の誇りと品格を重んじる藤原正彦ファン、双方の期待に応える一冊。(文庫解説・縄田一男)

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

目次
目次/美しい国 領事代理 砲艦千鳥 赤い海 ネムの木 野砲十門 スナイドル銃実包 信任状捧呈式 別離 外人墓地 徳島のおよね 地鳴り 神前結婚 里帰り コルク樫 露探 日露開戦 祖国愛 白い日本人 抱擁 日本通信 敦盛 徳島へ 盆踊り 哀しみの日々 森羅万象
解説/縄田一男
商品情報
書名(カナ) コシュウ サウダーデ
ページ数 736ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2015年05月10日
ISBN 978-4-16-790362-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く