単行本
単行本

幻の声

宇江佐真理

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:1997年04月
  • ジャンル:小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ろくでなしの間夫をかばって死罪になろうという芸者の心情は? 表題作など、捕物にしっとりとした男女の交情を滲ませた時代連作

担当編集者より
表題作は一昨年(1995)にオール讀物新人賞を受賞した作品です。四人の選考委員が全員一致で当選が決まったというだけに、その筆力は折り紙付き。捕物に、廻り髪結いと辰巳芸者の色模様を絡ませ、読者を江戸の市井へ招待します。著者は函館在住の主婦で二児の母。忙しい家事の合間を縫って、執筆にいそしんでいるのです。(A)
商品情報
書名(カナ) マボロシノコエ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年04月20日
ISBN 978-4-16-316870-8
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く